これだけは知っておこう!漢方薬vs西洋薬

a7530b3fb47e4c0b85fe1d3fa2dbc11e_s

薬には、漢方薬と西洋薬がありますが、
この2つは病気や症状の考え方、治し方が違います。

漢方薬は、症状や体質を改善するために使用するのに
対し西洋薬は、症状だけを治すために使用されますが、
抗生物質などの薬は、西洋薬の分類になります。

漢方薬と西洋薬にはそれぞれ利点、欠点がありますが、
漢方薬の利点は、体の体質が改善されます。

体質の改善で、自然治癒力を高めることが出来ますが、
自分の免疫で病気を治すので、副作用が少ないです。

また漢方薬は、1つの薬に様々な効果があるので
他の効果も期待でき、体には優しい薬です。

それに、体の負担が少ない分、効果が緩やかです。
ウィルス感染など重篤な病気には向きません。

一方西洋薬は、病気や症状に対して効果が早いです。
漢方薬より、病気に対しての即効性があります。
しかし効き目が強く、副作用も出ることがあります。

知らなかったの?漢方薬の魅力について!

m030009

漢方薬は病気ではないが体調が優れない時に便利なのに
加え副作用が少ないので、手軽に使用出来ます。

例えば、肩こりや腰痛、冷え性に聞きます。

これは、自律神経に働きかけ、血流を促すのに加え
また、月経不順、イライラ、頭痛にも効果があります。

これは、ホルモンバランスを整える作用が
ありますが、体の根本に働きかけ症状を治します。

体に優しい漢方薬ですが、気を付ける点もありますが、
病気による症状については、効果は良くなりません。

まず原因の病気を治す必要があり、
また副作用が全くないわけではありません。

不安な時は漢方薬局に相談してみてください。

健康に不安を感じたら漢方薬局におまかせ!

463641

漢方薬の種類は、とても多いのに加え
また体質によって、選ぶものも異なります。

漢方薬局は、体質に合わせて相談してくれます。

例えば、風邪の症状が出た場合葛根湯が有名です。

自律神経に働きかけ、免疫力を高めます。

しかし、胃に不調が出る方もいます。

麻黄という漢方薬が、入っているからかもしれません。

これは、痛みを抑える漢方薬です。

胃腸の弱い人は、別の薬を提案してくれます。

漢方薬局では、体質に合わせて調剤をしてくれます。
そのため、安心して使用できます。

コメントを残す